Kiyoshi Room

アクセスカウンタ

zoom RSS ファンクラブ限定リクエストコンサート 

<<   作成日時 : 2017/09/30 18:14   >>

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 0

中野サンプラザで開催された”ファンクラブ限定氷川きよしリクエストコンサート9月29日夜の部へ行ってきました。

今年の5月に、このコンサートのためのリクエストをファンクラブのメンバーから広く募りました。

氷川きよし、KIYOSHIの楽曲のうち、

シングル曲から3曲、

アルバム内のオリジナル曲またはカップリング曲から3曲、

アルバム内のカバー曲から3曲

の合計9曲を選んで、氷川きよしモバイル特設ページ、またはハガキで投票するというものでした。コンサートのなかで、それぞれのトップ30も発表されました。

いよいよ開演というところで、チャイム音が鳴って西さんがデパートのアナウンス嬢風に
「本日は氷川きよしリクエストコンサートにご来場いただきまことにありがとうございます。
ファンの皆様にご案内申し上げます。
コンサートの中で激しいリズム!かなりの爆音!でお送りをする部分がございます。
あらかじめご了承下さいませ!心の準備はいかがでしょうか?最後までお楽しみくださいませ」

それをきいて、もしかしたら? とあの曲を期待したのです。
幕が開くと、「アニサマ」で歌ったままにきよしさんが♪「限界突破×サバイバー」をヒートアップし歌って下さいました。会場ものりのりでした。最初からこんなに飛ばして最後まで大丈夫?と思うくらい激しいものでした。

歌い終えて、息が上がったままで「もりあがったか!、みなさんこんばんは、今日は平日のお忙しい中、貴重な時間を頂きまして、氷川きよし限定リクエストコンサートにようこそお越しくださいました、本当にありがとうございます。
今日は皆さんから選んでいただいた、曲を中心にじっくりと氷川きよしオリジナル曲とカバー曲とおおくりさせていただきたいと思いますので、どうかごゆっくりお楽しみください。」

そして♪「碧し」最後のラララの部分は1オクターブ高いキーで歌っているのですが、あのスリムな体から良くこんなに凄い声が出るのかと思うほどのものでした。
初めて生で聞くこの曲オープニングから大興奮でした。

ステージ暗転
西さん登場

ステージにはスクリーンが降りてきて、アルバム内のオリジナル曲またはカップリング曲のトップ30の発表となりました。
きよし君のオリコンの順位発表のように映像が数秒間ずつ映しだされて紹介されました。


オリジナル曲カップリング、シングルと30位〜11位まで、10位〜4位までさあ!トップテン3位〜1位と言う風に紹介され、懐かしいきよし君とも会えました。

【オリジナル曲ベスト30】
27位 「hug」 「雪子の城下町」「時代(とき)を駆ける男」「きよしの日本全国 歌の渡り鳥」    

26位 「夜汽車」

25位 「離郷しぐれ」

24位 「二度泣き橋」

23位 「夏子の海峡」

22位 「扇」

21位 「出発」

20位 「貴男がすべて・・・」

19位 「青龍」

16位 「夢勝負」「幾千もの祈り」 「獅子」

12位 「一陣の風」「回転木馬(メリーゴーランド)」
     「惚れて一生」「御免」
 
11位  「明日への道」

10位  「東京恋始発」

9位 「純子の港町」

8位  「寒立馬」

7位 「玄海竜虎伝」 

6位  「陽春」

5位  「おとこの詩」

4位  「Jewel(ジュエル)」


3位は、「きよしのへっちゃらマンボ」

2位は、「春嵐」

1位「かあさん日和」


【シングルベスト30】

30位 「きよしのドドンパ」

29位 「あばよ」

28位 「大井追っかけ音次郎」

27位 「最後と決めた女だから」

26位 「きよしのソーラン節」

25位 「大利根ながれ月」

24位 「面影の都」

23位 「しぐれの港」

22位 「哀愁の湖」 

21位 「あの娘と野菊と渡し舟

20位 「情熱のマリアッチ」

19位 「浪曲一代」

18位 「きよしのズンドコ節」

17位 「さすらい慕情」

16位 「ときめきのルンバ」

15位 「玄海船歌」

14位 「虹色のバイヨン」

13位 「ちょいときまぐれ渡り鳥」

12位 「一剣」

11位 「みれん心」

10位 「三味線旅がらす」

9位 「箱根八里の半次郎」

8位 「星空の秋子」

7位 「番場の忠太郎」

6位 「櫻」

5位 「愛しのテキーロ」

4位 「満天の瞳」

3位は「男花」

2位は「白雲の城」

1位「男の絶唱」

西寄さんが、ここで選ばれたそれぞれ上位10曲はすべてこの日のコンサートできよしさんが披露してくださると言っていました。

そしてきよしさん、白のスパンコールがキラキラ輝く燕尾服で登場

♪「おとこの詩」

♪「かあさん日和」

♪「東京恋始発」

♪「純子の港町」

♪「星空の秋子」

(ワンコーラス)

♪「満天の瞳」(ツーコーラス)

♪「きよしのへっちゃらマンボ」
期待はひがみちゃん、今日も登場しました「きよしこの夜Vol.16」での真っ赤なドレス&ペチコート&カチューシャ姿(会場大爆笑)

暗転

きよしさん、西さんお着替えで不在なので、勝手に(笑)カバー曲30発表のスクリーンは降りてきまて、披露となりました。

西さん登場「氷川きよしさんご自身にベストチョイスをしていただいて、その中から名曲を歌っていただきたいと思います」

きよしさん登場

15周年記念コンサートで着た水色に富士山と太陽が描かれた着物姿

♪「関東春雨傘」

♪「人生峠」(ツーコラス)

♪「無法松の一生〜度胸千両入り〜」(フルコーラス)

ステージ暗転。

演奏のHKピュアリバ―の皆さんのインストロメンタル演奏になりました。

きよしさん登場、鮮やかなブルーのスーツに衣裳

♪「「愛しのテキーロ」
♪「Jewel(ジュエル)」

ここから西さんが加わって爆笑トークが始まります。

きよしさん、ここまで歌連続でお話が少なかったのでたっぷりお話してくださると、そして西

さんの顔を見てひがみの残骸の口紅が残っている事につっこんでいました。

西さんこの時まだストッキングはいたままでした(笑)


チラットズボンをめっくってストキング見せてくれました(汗)

きよし「ハムみたい」

西「お歳暮じゃなんだから、お歳暮はかねふくの明太子でよろしくお願いします」

西「普段のツアーの内容と全然違いますし、」

きよし「違いますね緊張しますね、内容も変えていますし緊張して」

きよし「ありがたいですね、歌手やらせていただいてデビューした年にファンクラブが設立されて、最初は1人の方が応援してくださって、ご夫婦で、ファンクラブになって1人増え、2人増え、3人増え、沢山の方に100人の方がファンクラブに入って下さって」

西「デビュー当時は」

きよし「知らないわよね、あーた」

西「どこのご婦人ですか、知らないわよ、私は2001年4月からですから、知らないです」

きよし「知らないわよね、あーた、デビューした年にファンクラブが設立されました」

きよし「ファンクラブ100人の方たちとファンの集いをカラオケボックスでやりまして、握手サイン会などして、その年はキャンペーンずっとやってましたから、1日8箇所くらいずっとまわって、色々なところでデパートモールってところで・・・」

西「ショッピングモールね」

きよし「ファンクラブの皆さんが僕、いちばん大事なんです。多くの方が氷川きよしを応援しようと思って下さって、ありがたくて、原点に戻ってこの中野サンプラザで3公演もやらせていただくなんて、本当にありがたいですし、本当に皆さんありがとうございます。」

きよし「2年目からツアーが始まって」

西「その時出たのがあーたです」

きよし「このステージ」

西「まさにここですよ」

西「きよしさん23歳、私27歳、皆さんのおかげできよしさんも40歳」

きよし「まだまだ、駆け出しものではございますが劇場公演もあって」

西「それは3年目からツアーがはじまってその翌年2004年くらいから、新宿コマ劇場、名古屋中日劇場、大阪新歌舞伎座と」

きよし「若いうちによー働いた」

きよし「ありがたいですね、本当にうれしい。23歳からコンサートツアが始まって、劇場公演が始まって、ありがたいんですど、プレッシャーで人に見られることが本当に緊張するし、ちゃんとしないといけないし、この先やって行けるかなて迷いもありながら、挑戦させていただいたんです。
日々勉強でしたし、マネージャさんに良く怒られましたし、叩かれてもいました、厳しさの中でやされてもらって厳しさがありがたいなって、愛情だって感じながら鍛えられて、ここまで、歯を食いしばってやってきたんで、これからは楽しみたいと思います。」

きよし「嫌だったらすぐ辞めてしまうってのが凄く残念で僕自身歌手として自分自身に負けられないって思い出いるんですよ。夢とかあきらめたらだめだとと言う思いを歌で伝えていけたら良いですね」

きよし「色々な歌を届けて行きたいと思いますし、作品と言うものは歌手にとってすごく大切なもので、3分間ドラマの中で何を伝えるべきか」

西「みんさんの中でいつまでも記憶に残る歌!それが名曲ですから。」

きよし「この前日本作曲家協会 創立60周年記念パンティーで????(会場ざわざわ爆笑)」

西「パーティでね」

きよし「パンティーで」(もう!きよし君ったら)

きよし「出させていただいて、先輩方のおっしゃる事は勉強になりますね。
目上の方人生の先輩の方の話を聞くと、幼少期の時からちゃんと聞く子だったので、目上の方は尊敬です。」

西「これが今まできよしさんが頑張ってきたことで、育んできたこと、花のつぼみがもう準備が出来てますから、40代50代60代とひとつ、ひとつ、みなさんと良い歌の花を咲かせていけたら嬉しいですね。」

きよし「50代の頃の自分も想像しますもの、とにかく歌が好きでおしゃれで、誰に対してもっ優しく振る舞える、人になりたいですね。」

西「私は70・80になってもドレスを着たいと思います」

西「今年はすごい良い年で、ドラゴンボールの歌があったりね、「限界突破×サバイバー」は本当に評判が良くて、色々な方面から10月25日CD化決定でございます。」

きよし「中学校の時はロックとかプップスが好きでもともとそっち系なんですよ。
高校生になって自分で演歌を選んで、こういう世界があるんで、”たった一人のおふくろさんに楽な暮らしをさせたくて、真冬のね、海の雪の簾を潜って進むんですよ。涙が出てきて16歳の時、素晴らしい”丘に登って酒の飲むときはいつも張り合う恋敵ですよ。」

西「これだけ言ってますけど、この歌は歌いません、歌った方が早かった?」

きよし「演歌を好きになって、コブシとかまわらなかったから、こぶしっての知らないんですよ、聴いて、聴いて、聴きまくって、演歌のCDを買いまくって、九州福岡の平尾レコード店の方からCDを頂いて、全部聞いて勉強してこれが演歌なんだ、カラオケ大会へ出ると、若くて演歌歌って偉いねって16歳の時に言われたら、嬉しくなって、頭にのぼせたんですけど」

西「良かったです、のぼせて頂いて、それで今日があるんですから。」

西「思い出のメロディーでも司会の評判も良くて、碧しの事も新聞にのっていたりしてます。
皆さん良い年末にしたいですよね〜」

きよし「よろしくお願いします〜がんばります〜、みなさんも頑張って下さい」

きよし「一緒にがんばりましょう〜」

「男の絶唱」再登場オリコン2位を西さんが報告して

西「今日も1位ですからリクエスト」

きよし「作詞の原先生もお喜びになられます、香川在住の作詞の先生で、2月の高松のコンサートの時来て下さって車イスのお母様と来られて。」

きよし「人との出会いに感謝ですね、いい友達がいて、良い仲間がいて、楽しく会話して感謝しながら、愚痴をこぼさず、陰口を言わない、自分自身が成長する、人の批判をしなし、自身になんでも原因があったと思い、生きていきたい」

西「素晴らしい」

西「きよしさんひとつ忘れたます、9時以降は油ものはだめ!」

きよし「健康に気を付けているんですけど、すみませんここで正直にいいますけど、おとといは撮影があって夜12時過ぎに家に帰って、昼間にオンムツ??・・・」

西「オムレツね」

きよし「オムレツを作って、牛乳いれて、茶色のオソース??」

西「デミグラスソースね」

きよし「オムレツにデミグラスソースかけて冷凍だったんで、デンジデンジ??」

西「電子レンジね」

きよし「電子レンジでチンして、ケチャップと、かねふくの明太子、そこにデミグラスソースをかけたらそんなに辛くなくて美味しかった」

きよし「だめだな〜って思いながら食べるのも美味しいですよね、たまにはいいですね。」

気を取り直して次に歌う曲は♪「櫻」
この曲に対する思いを

きよし「一生の宝ものですし、中学校2年の時にオーディーションで平尾先生にお会いして、縁があって、実際に自分が歌手になってお会いして、お声をかけて頂いて”楽しくやったら良いんだよ、緊張なんかすることないんだよ”って言っていただいたとき、スーット肩の荷物がね??肩の荷がねおりて、楽になったって思い出があります」

♪「櫻」
♪「陽春」(ツーコーラス)

暗転

ここで、西さんセレクト思い出の名場面がスクリーンに映し出されました。

3位は昨年の東京国際フォーラムでの「きよしこの夜Vol.16」での「きよしのへっちゃらマンボ」のワンシーン。


2位は日本武道館での15周年記念コンサートで、ステージ上できよしさんと西寄さんが上手、下手から登場され、きよしさんが西寄さんをハグされるシーン。


1位はきよしさんの初の単独コンサート「チャレンジステージ」で、おふたりがステージ上で握手をかわそうとして、同じ方向の手をだしてしまうシーン。

西「本当にぶっつけ本番だったんです、きよしさん音合わせで、スケジュールが分刻みの忙しさでご挨拶できませんでした。だからとてもリアルでしょう」

HKピュアリバ―のメンバー紹介

黒紋付の着物に縞袴姿のきよしさん登場

♪「玄海竜虎伝」

♪「三味線旅がらす」

♪「箱根八里の半次郎」

♪「番場の忠太郎」
(すべてワンコーラス)

きよしさんご挨拶

「氷川きよしとして一番大切なものは、ファンクラブが一番大切です。ファンクラブの皆さんと同じ方向を向いてこれからも歌の道を歩んでいけたらいいなあと思いますし、また沢山素敵な曲にも出会えると思いますし、氷川きよしもみなさんに応援していただいて、大きく変わって行けるかなと思います、引き続き氷川きよしファンクラブを応援よろしくお願い申し上げます。身体に気を付けてくださいね。
健康が一番ですから、皆さんに健康で老若男女健康でいて頂かないと、僕も寂しくなるしコンサートもできませんし、僕自身も体に気を付けながら皆さんとともに歌っていけたらいいなあ〜と思います。」

♪「男の絶唱」

♪「白雲の城」

きよしさんが奈落に身を沈めると変わってスクリーンが降りてきて、3回の武道館の思い出が紹介されました。

5周年のときのバースデイコンサート、10周年、そして15周年

15周年の時のペガサスは埼玉県のとある倉庫で元気にしているととのことでした。

きよしさんは黒のレザーのライダースジャケットに黒のピッタリとしたパンツ(ところどころ穴があいています)胸がい大きくあいたシャツ姿で

♪「男花」
♪「春嵐」

「ありがとうございました〜」と言ってステージそでに消えて行きました。

アンコール

きよしさんマツケンサンバの松平健さんもびっくりの全身ゴールドキラキラの衣裳で登場
まぶしかった〜

♪「寒立馬」
この曲は母の大好きな曲だったので、母がいなくなって、初めてコンサートで聞いたので感極まってしまいました。

♪「きよしのソーラン節」
♪「きよしのズンドコ節

つたいない文章長文を最後までお読みいただきありがとうございます。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ
ファンクラブ限定リクエストコンサート   Kiyoshi Room/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる