情熱のツブヤッキー

アクセスカウンタ

zoom RSS 氷川きよしが演じる“ねずみ小僧”は、まさかの高所恐怖症!?「正直怖いです」

<<   作成日時 : 2017/06/08 00:28   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

氷川きよしが、6月6日、東京・明治座にて『氷川きよし 特別公演』の舞台公開および記者会見を行った。

氷川きよしは、6月2日から6月30日まで、東京・明治座にて『氷川きよし 特別公演』を上演中。同公演の第一部で「ねずみ小僧」を演じる芝居を披露し、第二部では『氷川きよしコンサート2017 in 明治座』と題したステージを行っている。

また、5月30日には新曲「きよしのねずみ小僧」を収録したニューアルバム『新・演歌名曲コレクション5 ―男の絶唱―』を発売した。

【記者会見レポート】
Q:いよいよ公演が始まりましたね。
氷川:今日で5日目です。初日が2回公演だったので、夜の部では、へとへとになり、ろれつが回らずさっそくかんでしまったのですが、集中して、神経をとがらせて、しっかり台詞を伝えて皆さまに楽しんでいただきたいと思います。

Q:ファンの皆さんもかなり昔から、16年前の初めての座長公演のときから来ている方が多いと思いますが。
氷川:懐かしいですね。あのころは慣れなくて緊張しました。台詞が多くて、熱も出た状態で芝居したりして、声もがらがらでしたね。

Q:そのころに比べるといまは余裕なのでは。
氷川:声の調子もいいので、台詞をいうのも楽しいですし、お芝居をしたり歌えることがありがたいなと感謝の気持ちでいっぱいです。

Q:席の名前が“きよシート”というんですか。
氷川:グッズがつき、前のほうの席で観ていただけるチケットがあるんです。スペシャルな企画というとおこがましいですが(※日程によってプレゼントされるハンカチの柄が異なる)。

Q:それは特別ですね。しかもいちばん近いところで観られるわけですね。
氷川:いちばん前の席の方も双眼鏡で観ていらっしゃるので、鼻の穴の中まで見られちゃうんじゃないかなと気になりますね(笑)。

Q:ねずみ小僧を演じてみていかがですか。
氷川:初めてのねずみ小僧です。僕のなかでねずみ小僧は気っぷがよくて畳みかけるように話すイメージでしたが、僕は普段からゆっくり話すのが好きなので、自分のねずみ小僧を作ろうという気持ちで、やらせていただきました。自然体で素の自分に近い、氷川きよしのねずみ小僧が演じられたらいいなとやらせていただいています。

Q:屋根の上の場面もありますが。
氷川:高所恐怖症なので、高いところに登るだけで手に汗をばーっとかきます。でもお仕事ですから責任もってやらせていただきますが、正直怖いです。でも本番だとお客さまの拍手でモチベーションがあがり、平気になりますね。感謝の気持ちでいっぱいです。

Q:ねずみ小僧といっても、シマウマの格好ですね。
氷川:去年のコンサートではヒョウ柄の衣裳だったので、動物シリーズですね。シマウマになったような感覚で、草を食べたいなと(笑)。次ですか? やっぱり柄のあるものがいいですよね。蛇かな。キリン? それも素敵ですね。なにかいいアイデアがあったら教えてください。

Q:舞台上で20周年についてもいろいろ考えているとおっしゃっていましたね。
氷川:20周年が偶然オリンピックの年になるので、盛大に感謝の気持ちを表現させていただければと思いますし、ふれあいを大切にしたいと思います。今回、劇中でステージから下りて演じさせていただいていますが、皆さん喜んでくださっているので、コミュニケーションが大事だなと思いました。

Q:アルバムが発売になりましたね。
氷川:5月30日に『氷川きよし新・演歌名曲コレクション5』が発売になりました。今回、劇中歌になった「きよしのねずみ小僧」も、今、頑張っている「男の絶唱」という曲も入っています。様々な人間模様を歌っている曲なので、皆さまの人生と掛け合わせながら聴いていただけるとうれしく思います。また、DVDにはねずみ小僧の映像と「ふるさと」というポップス系の作品が2曲入っています、福岡の両親に対する自分のストレートな思いを綴った曲なので、皆さんの人生と掛け合わせて聴いていただきたいです。

Q:さきほどポップス調(「ふるさと」)の曲も歌っていましたが、いいですね。
氷川:ポップスも演歌も好きです。日本人のプライドとして演歌を歌わせていただいていますし、ポップスはストレートに言葉を伝えられますので、音楽のかたちを変えていろいろなジャンル挑戦していけたらいいなと思います。

Q:「白雲の城」も入っていますね。
氷川:再録音もさせていただきました。昨年の『紅白歌合戦』で熊本城の前で歌わせていただいて、そのあとコンサートでも歌いましたが、「白雲の城」はずいぶん昔に録音したので声が若いんです。もう1回ちゃんと録音して今の39歳の氷川きよしの声で楽しんでいただきたいと思いまして、新録音してアルバムに入れさせていただきました。僕の作品のなかでは体力的にも声量的にもいちばん難しい曲なので、大切にして、皆さんにお届けさせていただけたらと思います。

Q:最後にファンの皆さんにメッセージをお願いいたします。
氷川:2年ぶりとなります、明治座での公演を6月の1ヵ月間やらせていただいております。全国から多くの皆様にお越しいただき、この前は奄美大島からもお越しいただきました。ずいぶん交通費も使われたのだろうなと申し訳なく思います。僕はとにかく一生懸命やって、皆様にたくさん心のお土産を持って帰っていただけるようにというい思いで日々、ステージの上で感謝の気持ちを込めてやらせていただいております。もしよろしければ明治座に遊びに来ていただきたいと思います。1ヵ月間精一杯ねずみ小僧を勤めさせていただきます。本日はありがとうございました。
画像


画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ
氷川きよしが演じる“ねずみ小僧”は、まさかの高所恐怖症!?「正直怖いです」 情熱のツブヤッキー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる